保険の窓口騙される?中立の立場は嘘?儲かる商品しか紹介しない?

保険無料相談をサービスとして提供している会社はとても多いです。

そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは至難の業ともいえるかもしれません。

サイトなどに公開されているランキングもひとつの目安になります。

順位付けするにもいろいろポイントがあるので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

一般的に良く知られた会社であっても場合によっては担当者と合わないことも考えられるので、試しに上から順に複数の会社に依頼してみるなど、有効利用することが満足への近道です。

将来のことを考えて保険を契約しようか考えている方、どうせ相談しに行くならサービスを選びましょう。

選び方は近所にあるからというのもいいのですが黒毛和牛肉など景品をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後に条件を達成しているともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントをしているってことはFPの質が低くて強制的・強引な勧誘をしてそうで質が悪そうな考えもわかります。

でも安心してください、最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して契約解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

いわゆる保険の見直しといえばお店に行くにしても家や近所に来てもらうにしても直接面談するのが普通かと思いますが、中にはより手軽に電話での話合を受け付けているところもあるのだとか。

どうすれば良いかというと、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

通話料もかからないとのこと。

この方法だと必要ないと感じたときに話を切り上げやすいので、顔を合わせるより気楽だと感じる人も多いかもしれません。

皆さんは自分の入っている保険の内容ってしっかり把握していますか?少しでも不明点があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険の窓口のような保険無料相談サービスです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら支給されるかや家が火事で燃えてしまった時の火災保険などは、日常的に使わないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、相談サービスにFPを紹介してもらい現在の保障内容を詳しく確認しましょう。

場合によっては、ほぼ内容が変わらないのに月額を節約できたという報告も多いです。

保険の窓口のような保険無料相談サービスに申し込んでみたけれどなかなか連絡が来なくて面談ができないという人がいるそうです中小のFP紹介サービスの場合、登録してるFPの数が大手と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそもなぜ無料で相談をできるかというと保険相談をした人が契約をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの少ない案件は優先順位が低くされてしまうという仕組みになっています。

一分一秒でも早く相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手のサービス会社に申し込むか、街中の保険ショップの利用をお考えください。

保険のプロに無料で話を聞けるチャンスがあるなら、その貴重な時間を大切に活用したいところです。

気を付けておきたい見直しポイントとしては、現在のものは保証内容・支払額のバランス等どうなのか?また自分や家族のライフスタイルに合っているか?ということです。

下準備として自分のライフスタイルを把握し、健康診断などを受けたならその結果も準備しておきましょう。

そうすれば自分に合ったプランを提案してもらいやすくなります。

最終的にはどこと面談をするかも大切になってくるので、会社選びも慎重にしましょう。

保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、提案に納得できず話し合いが残念な結果に終わることもあるようです。

たとえば押しに負けて合わない契約をしてしまうということもあり得ます。

高圧的な物言いなどで断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、その後の対応も心配ですのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族などにも面談に参加してもらいましょう。

保険のプロに相談をしたことがある人はどれほどいるでしょうか。

業績を調べますとたった一社でも一年間で十万以上の人と面談をしているそうです。

これは多くの人が関心を寄せる一方で、入り組んだ仕組みが専門家を頼らざるをえないほどであるとも言えるかもしれません。

会社自体は数多く存在しますが、来店型ではほけんの窓口、訪問型では保険マンモスの話が多くあります。

やはりFPさんの知識量や提案力など質が高いことや、実際話し合いするまでの手軽さも評価されているようです。

保険の見直しをするのにもお金がかからないのに、そのうえ商品券までもらえるなんてお得ですよね。

もらうためにはどうすれば良いのかというと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。

金額は2000円から7000円と幅広いですがいくつかの会社からもらえたならお小遣いとしては十分でしょう。

注意しなければならないのは、プレゼントの方が目的ではないので、もらえたらラッキーなものくらいに思っておいて貴重な時間をしっかりと有効に使いましょう。

数多く存在する保険相談会社の中でどこにしようか迷ってしまうこともあるでしょう。

選ぶならこういうところが良いのでは?という重要と思われる条件について調べてみました。

一番知っておきたいのは、どれだけ能力の高いFPさんがいるかです。

また、実際には相性もありますから、担当者とのトラブルに対応してくれるサポートが用意されているところが良いでしょう。

加えて多くの商品を取り扱っているところはFPさんが提案できるプランも幅広くなることと思います。

アフターサービスの有無や有料かどうかも確認しておく必要があります。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットを参考にした人、職場に来た営業の人の案内などいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

参考:保険の窓口騙される?中立は嘘?【紹介されるのは儲かる商品?】

保険の窓口のような保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

加入当時と現在で生活状況やライフプランは変わってくるものです。

そのため、相談してみた結果、保障内容がほぼ同じ内容なのに月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を乗り換えができたという話も多いです。

保険無料相談をしたら特典として商品券をプレゼント!というキャンペーンを全く見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談サービスの利用特典として高額な商品券がもらえるというプロモーションは禁止になったからです。

正確に金融庁の指導を見ると禁止したのは換金性の高い商品の提供です。

逆に言うと「換金性が高くなければ大丈夫」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「牛肉などの景品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。

そのため、商品券がもらえるキャンペーンはなくなってしまいました。

人生で2番目に大きい出費として挙げられるのが、保険です。

見直しをするにも細心の注意を払う必要があります。

考えられるトラブルについては事前に把握し、対応できるようにしておきましょう。

多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。

こちらの不安をあおったり、一方的にメリットを押し付けられたりして十分に理解できていないのに契約に進まされるといった感じでしょうか。

こちらの希望ははっきりと伝え不安を感じたら時間をおきましょう。

一般的な会社にはサポートサービスがあり、担当者を替えることができます。

大切な決断ですから雰囲気にのまれずにしっかり断りましょう。

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、提案に納得できないときに断れるか?ということがあるでしょう。

一般的な会社であれば無理な勧誘は禁じていますし、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといったサポートダイヤルなどがあります。

一回目の話合ですぐ契約を決めるということはまずないそうなので、事前に相談したいだけなので勧誘の必要はないことを十分に伝えておくと安心かもしれません。

FPさんの質やその提案に自信があるところなら他社と比較して検討してもらっても問題ないので、嫌な顔はされないでしょう。

保険の無料相談サービスをしているところは、少なく見積もっても10社以上はあるかと思います。

そんな中でおすすめなのは、FPさんの質が自慢のところです。

何社かにわたって依頼したという人の話によりますと、どんなFPさんと話をするかによって、同じ内容のはずでも提案されるプランの中身が違ってくるのだそうです。

いざ契約となれば、FPさんとの付き合いは長くなります。

こちらの理想や希望を理解してくれるだけでなく、想像以上のプランをたててくれるようなきちんとしたFPさんがいる会社を選びましょう。