看護師不足の問題点って?

看護師不足の問題点として挙げられるのは、不規則な勤務形態ということです。
一般事務などの仕事なら昼間がメインの仕事の時間となりますが、看護師の場合は昼間に働くこともあれば夜に働く夜勤もあります。
また、勤務時間や勤務日以外にも勉強会や研究会などがあり、これら参加しなければいけません。
また、看護師が不足している中で患者に対してケアを行っていかなくてはいけないため、一人当たりの業務量が多くなってしまうことにも問題があります。
結婚や出産を機に退職される率も看護師には多いですから、それだけ家事と仕事を両立させることが難しい職種でもあるということが窺えてしまうのですが、こういった問題を解決しない限りは看護師不足という問題は一生ついて回ってきます。
スタッフが減る=仕事量の増加=看護力の低下につながってしまうのです。